« 評議会崩壊 | Main | カミカゼ運営会議 »

ナンジャラスタン風雲録

 ここ、ナンジャラスタン人民共和国では、少数民族ソンジャラ族自治区の中に分離独立の機運が高まっていたのである。事態を憂慮したナンジャラスタン政府は、ナンジャラスタン政府軍をソンジャラ自治区に常駐させ、秩序の回復を図ったのである。しかしナンジャラスタン兵による暴行事件の続発により、ソンジャラ自治区住民は次第に不満を募らせて行った。5月のソンジャラ祭を境として、ソンジャラ自治区の都市部住民を中心に一斉蜂起が始まったのである。この混乱の中で、北朝鮮から技術支援を受けたソンジャラ鉄騎兵が政府軍の本部を急襲した。本部機能が壊滅した政府軍は首都ナンジャラリーナを目指して敗走して行ったのである。
 地下に潜伏していたソンジャラ独立の指導者ソンジャナイは、原理主義過激派組織ソンジャラリーナを率いてソンジャラ臨時政権を樹立し、民兵を組織してナンジャラスタンの首都ナンジャラリーナを目指して進軍して行ったのである。
 驚いたナンジャラスタン政権は、伝説の将軍と言われたナンジャ・スカタン将軍とバグラチオン下高田将軍を召喚し、ソンジャラ軍に対する首都防衛を託したのであった。ナンジャ・スカタン将軍はナンジャラリーナの西方200Kmにあるドラジノ村周辺を決戦の地と定め、砦と砲塁を築いてソンジャラ軍を迎え撃つ態勢をとったのである。
 ドラジノの戦闘はソンジャラ軍民兵の進軍によって開始された。士気の高いソンジャラ軍は、ソンジャナイの指揮の下、有利に戦いを進め、政府軍を敗走させて行ったのである。
 しかしこのとき、政府軍バグラチオン砲塁の砲列が一斉に火を噴いた。砲弾は密集したソンジャラ軍に襲いかかったのである。ソンジャラ軍もまた、一部は敗走を始めたのであった。ソンジャラ軍を率いるソンジャッタは、このバグラチオン砲塁を敵の主力と定め、温存したソンジャラ鉄騎兵に攻撃指令を発したのである。ここにバグラチオン下高田将軍とソンジャラ鉄騎兵の死闘が繰り広げられたのであった。
 この機を逃さず政府軍のナンジャ・スカタン将軍は山県三郎兵衛率いる赤備騎馬隊を投入し、ソンジャラ軍の中央突破を策したのである。ソンジャラ軍のソンジャッタは散らばったソンジャッタ民兵を集結させ、三段構えの陣形でナンジャラ軍の騎馬隊を迎え撃とうとしたのであった。
 襲いかかる赤備騎馬隊。迎え撃つソンジャラ民兵部隊。二千年に及ぶ因縁の対決はまさに決着のときを迎えようとしていたのであった。

 その頃、ここ南ナンジャラスタン人文大学では、今日も仁義なき権力闘争が繰り広げられているのであった。

(`ε´) あれさぁ。行ったぁー? 立会演説会。
´ω`)ノ あったのか?
ヘ(゚∀゚ヘ)  あったあった。まあ、なんだなぁ。事前情報の通りだったなぁ。
(`δ´)  その件については、何も言わないことにしよう。
´ω`)ノ  差し障りあるしな。
ヘ(゚∀゚ヘ)  後の展開はつまらんよな。
(`ε´)  あるとすれば、閣僚名簿を作ることだな。
ヘ(゚∀゚ヘ)  そんなこと、今するか?
(`ε´)  あちこち動いているよ。
´ω`)ノ こっちの方は変わらんだろ。
(`ε´)  理事が一人変わるくらいだな。
ヘ(゚∀゚ヘ)  どうすんのかね?
´ω`)ノ まあ、相手方の大将に持って行くんだろな。
ヘ(゚∀゚ヘ)  受けるかね?
(`δ´)  受けないだろ。
´ω`)ノ 受けると思うよ。
(`ε´)  たぶん受けるよ。
´ω`)ノ それと、ウルトラCがあるかどうかだよね。
ヘ(゚∀゚ヘ)  あるかいね?
(`δ´)  そこがよう分からんな。
ヘ(゚∀゚ヘ)  こっちが勝ったらどうすんのかね?
(`δ´)  選択肢は2つだな。1つは、今の理事を1人留任させる。
ヘ(゚∀゚ヘ)  この人?
(`δ´)  そう。それが一番無難だな。そうでないと上に持って行けないし、仕事にもならん。みんな、やり方、分ってないだろ。
ヘ(゚∀゚ヘ)  周りが嫌がらない?
(`ε´)  嫌がると思うよ。わざわざ、根回ししてる人もいる訳だしな。
(`δ´)  もう1つは、相手方の最大部局にその理事ポストを1つ差し出す。
ヘ(゚∀゚ヘ)  あるかね?
(`δ´)  あんたらを担ぎたい、と持ちかけたことがある訳だろ。当然あるんじゃない?
´ω`)ノ それじゃ、思うように動けなくなるだろ?
(`δ´)  いいんでしょ。一応は格好がつくし、取るものは取る訳だし。
(`ε´)  他に、受けそうな人はいないしな。
ヘ(゚∀゚ヘ)  それだと、天下二分だな。
(`δ´)  三分かもな。
´ω`)ノ ま、細かい方が俺らはいいかな。
(`ε´) ほほほほほほ。

(この記載は未来を舞台にしたフィクションです。)

|

« 評議会崩壊 | Main | カミカゼ運営会議 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナンジャラスタン風雲録:

« 評議会崩壊 | Main | カミカゼ運営会議 »