« カミカゼ運営会議 | Main | 雲の下の坂 »

政策仕分け

 ここ、ナンジャラスタン人民共和国にある南ナンジャラスタン人文大学では、今日も隠微な権力闘争が繰り広げられているのであった。

ヘ(゚∀゚ヘ)  〇〇さんがビラ撒くとか、聞いたぞ。
(`δ´)   まあ、村長選挙だからな。

ヘ(゚∀゚ヘ)  この仕分けって、何かね?
´ω`)ノ  まあ、言うだけの仕分けだろう。だからどうなるもんでもない。
(`δ´)   この10年間、言われることは同じだなぁ。
´ω`)ノ  それだけ、実態に進歩がないということよ。
(`ε´)   これ見て、けしからんという意見がどうせ出るな。
(`δ´)   内輪の事情からすると、腹立たしいのは確かだな。
´ω`)ノ  怒っちゃだめよ。実は、ほとんど、その通りだからな。

ヘ(゚∀゚ヘ)  大学の統廃合に言及しているな。
(`δ´)   ここは私大を念頭においているはずだぞ。
ヘ(゚∀゚ヘ)  人民大学も、とあるが。
´ω`)ノ  破綻スキームで統廃合、という話なら私大だな。しかし人民大学を政策課題に対応させるなら、少なからぬ人民大学が、長期的には統廃合だろう。
ヘ(゚∀゚ヘ)  何年か前の、東ナンジャラ大との統合話は、やっていれば、今の困難は解決の道があった。
´ω`)ノ  そりゃ、教職員の個人的都合で判断したらダメになるよ。今も同じだ。あそこで統合をしないと決断したのは、今後の展開で、しょぼい大学でいいよ、という判断であったはずでね。何を今さら、という感じだな。
(`δ´)   今からやることはできないか?
´ω`)ノ  別の枠組みなら「あり」だろうが、決断できないだろ。

ヘ(゚∀゚ヘ)  またも「グローバル人材」というのが出てくるな。
(`δ´)   この前のナントカ会議で少しやり取りがあった。理事さんは教育の質保障にプラス、という言い方だったが。
´ω`)ノ  そこは正しいが、踏み込みが弱いな。そんな消極的な話ではない。ナンジャラスタンは、交易国家としてやって行く。グローバル人材の育成は国家の存亡をかけた事業になる。
(`ε´)  鎖国してもやって行けるというが。
´ω`)ノ  それは配給経済にしたときの話だろう。戦時ならそうなるかもしれんが。経済規模ははるかに小さくなる。
(`δ´)   エリートを作るということか?
ヘ(゚∀゚ヘ)  わが国の組織特性からすれば、層を厚くる、ということだな。
´ω`)ノ  そう。わが国は下で持っている。

´ω`)ノ  定員の規模のところは、歯切れが悪いな。
ヘ(゚∀゚ヘ)  つうか、かつての財政当局のように、市場メカニズムを使って調整する、と考えるべきところ、役所が市場メカニズムの代わりをします、ということだからな。すんなり説明はできない。
(`ε´)  結果的に定員規模は少なくなる、ということだが。
´ω`)ノ  そこを官庁主導でやろうとするするから、強権的な印象になる。結果は同じようなものになるとはいえ、実は競争力のある大学を潰すことも出てくるだろうな。

(`ε´)  ガバナンスのところは、頭が痛いな。
´ω`)ノ  書いてあることは、もっともなんだが。どうせ管理が煩雑になるぞ。勝手に競争させ、結果だけで勝負、にした方が簡単だな。
ヘ(゚∀゚ヘ)  それも辛いんでしょう。

(この記載は未来を舞台にしたフィクションです。)

|

« カミカゼ運営会議 | Main | 雲の下の坂 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政策仕分け:

« カミカゼ運営会議 | Main | 雲の下の坂 »