« 地域大学 | Main | 統合の条件 »

某人材育成事業はなぜ失敗するのか

 はい、またまた、皆さま、お久しぶりでございます。仕事中にこれを見ていると、怒られますからね。ほほほほほ。まあ、お昼休みか、仕事が終わってからご覧になって、くださいねーえ、ほほほほ。なるべく、大学のPCでは見ないでくださいね。ほほほほ。はい、東松山亀次郎でございます。西荒川県唯一の第2人民大学法人、西荒川大学、地域文化創生学部の元学部長の、東松山亀次郎でございます。ほほほほ、ほっほーっ。
 そうですねぁ。今日はまあ、皆さま、お忘れになった話ですねぇ。これは。小さい話ですが。まあ、某人材育成事業ですな、ウチでやっていることになっている。まああれは、まあ、静かに消えて行くでしょうなぁ。大事ではありませんからね。皆さん、関心ないでしょうが。例えば、総務担当の理事が情報を集めている、なんて話ではないですけれどね。
 どこがまずかったか。外から見ても分かんないでしょうね。
 まずね、出発点からダメでしたね。学部の方はね。そう、ウチの地域文化創成学部のことですけれどね。素直に作業することを考えていた訳ですよ。ところが、まあ、最初見て驚きましたけれど、上から指令するような組織を作って来たんですな、上の方が。ここからが悪い予感でしたが、まあ、悪い予感の通りになりましたわな。なぜってね、そりゃ、何にも分からん奴が権限を握って組織をまとめるってんですから。
 せめてね。申請書を書く段階で入っていた全学のお偉いさんが入っていれば、まだいいですよ。ところが外れている。私、ご本人に聞きましたわ。なんで外れてるのって。そりゃ、学長に言ってくれ、学長が決めたんだから、って。ほんとかどうか知りませんけどね。まあ、ほんとなんでしょうね。
 それでまあ、学部内のどなたかが上の意向を聞いて勝手に話を進める格好になりましてね。学部の中でも。そりゃ、みんな知らんふりになりますよね。某って、あの人の話でしょ、になって、学部の話にはならない。私もキレて、ソッポを向きましたわ。仕事をお願いしないといけない他部局との関係も、壊れましたわな。そりゃ、勝手にやるんだもの。
 ところがまあ、申請書では学部に付けることになっている任期付きのポストが、全部全学に付けると言い出したのには驚きましたわな。ええー、そりゃ、いくらなんでも。何考えているの。そんなこと、申請書とは別の計画じゃないの。これでね。ソッポを向いている訳にも行かなくなって、仕方ないから引き戻って、あちこちと喧嘩しながら、なんとか、一部だけ学部に取り戻しましたわ。その間に、人間関係壊れまくりで、ガタガタですわ。
 まあ一部は取り戻しましたが、それでも、無理なんですよね。そりゃ、申請書にはいるはずの任期付の人がいない訳ですから。明らかに。全学に取られて。理事にも訴えましたよ。でもダメ。
 まあこの話、学部で全体でやらないと無理なんですが、その体制つくりでつまずきましたわな。それで一部の人間に過剰な負担がかかる。やるのが無理な格好ですな。
 
 まあ、これ。なんであんなに、変な格好で全学がコントロールしたかったか、当初は分からなかったんですが。これが、その後、なんかの改組話が出てきて、仕掛けが分かってきた、という状況ですな。なるほど。この事業をネタに改組をするつもりだったんですね、最初から。それで、改組でエサを出す人を使ってこの事業をやらせるつもりだったんですな。まあこれじゃね。もう、みなさん、離れてゆくでしょうね。

 さて、なぜ失敗するか? まあ、決定的なことは、話を大きくして、当初事業に大学の資源が回らなくなることでしょうね。今のこの事業、これをやるだけでも定常的にかなりの資源投資が必要ですよ、とお偉いさんに言いに行った訳ですわ。そしたら、そんな認識は全くない。事業なんてくだらない、ときたもんだ。資源を使うくらいなら、そんなこと止める、という訳ですわ。まあそりゃ、そういう認識がある時点で、もうだめですわな。
 そもそも、変な改組話が出されてから、作業、止まっちゃいましたからね。そりゃ、そんな押し付けられても、できるもんじゃない。

 私もね、給料も減らされている、苦しいところですし。こんな腹が立つ状況でただ働きは、もう、そりゃ、ある訳ないですよね。給料の分だけ、本来業務をするだけですよね。後はエサが出ている範囲の人が働いているふりをするだけでしょう。
 どういう格好で終わるんでしょうね。大学として新しいことを始めると言うなら、まあ、きれいに辞退届を教育省に出すんでしょうねぇ。プライドがあるなら。ほっほっほっほ。

(この記載は近未来を舞台にしたフィクションです。)

|

« 地域大学 | Main | 統合の条件 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 某人材育成事業はなぜ失敗するのか:

« 地域大学 | Main | 統合の条件 »