« 某人材育成事業はなぜ失敗するのか | Main | 4学期制 »

統合の条件

 はい、またまた、お久しぶりでございます。皆さま、お元気でございますかぁ。これ、見てる方は、危ないですからね。組合に入りましょうね。冗談ではございません。私もですね。入っておりますよ。権力はですね。何をするか分かりませんよ。これから、どんどん危なくなってゆきますよ。どんどん、恫喝が出てきますよ。ブラックに、なってゆきますよ~~、ほほほほほほ。はい。はい。亀次郎でございます。東松山亀次郎でございます。西荒川県唯一の第2人民大学法人、西荒川大学、地域文化創生学部の元学部長の、東松山亀次郎でございます。ほほほほ、ほっほーっ。

 そうですねぇ。今日もまあ、話題といえば、軽い話題でございますね。今日は、統合のお話ですね。軽く。はい。この前ね、ウチの西荒川大学の学長がですね。ウチのナントカの会合に来ましてね。言う通りに改革しないと、アンブレラで統合されちゃうぞ~、とかね、言ってましたですね。ほほほほほほ。やはり、お役員さま方も、みーんな、統合がお嫌なんでございますねぇ。ほほほほほ。そりゃ、そうですよね~。ほーほっほっほ。
 まあ、しかしですね。統合はね。ちゃんと、やるべきときは、やらないといけませんよね。お役員方が嫌な統合でございますけれど、そりゃね、そこは分かりますよね。
 何でも、やりゃいいってもんじゃないですよね。統合はね、確かに、いい加減にやると、疲弊しますからね。そりゃ、あいまいな話だったら、止めた方がよいに決まっている。そこはね、私もお役員さま方と、同じ考えということに、なりますねぇ。
 
 まあ、一緒になって、シナジー効果といいますか、ゲーム理論でいう優加法性が成り立つなら、そりゃ、やるべきでしょうな。
 では、統合の条件とは何か、ですよね。
 まず第1に、統一的な、ちゃんとした組織を作る、そのプランを持つことですね。将来どちらに転がるか分からんような組織を作っても始まりませんわな。組織は外部から理解されてナンボですからね。最初からちゃんとした組織にならないのは当然ですが、プランはなきゃいけないですよね。
 第2に、ですね。そのプランにしたがった人事計画を、すぐにはじめないとダメですね。なぜって、人が変わるのには時間がかかるんですから、人事計画は後、なんて余裕は、あり得ないですよね。
 第3にですねぇ。それぞれの、別の組織のやり方が残っちゃ、ダメですね。そりゃ、対等合併がうまく行かないのと同じですわ。悪いけど、片方が片方に入ってもらわないと、ですね。まあ、より包括的な構造を持った方に、もう一方が入って頂くんでしょうね。そうでないと、機能し始めるのに、時間がかかり過ぎますわ。時間は味方ではない。今どきですから、すぐに機能しないとダメなんですよ。ガタガタと時間がかかるようなことをするんだったら、やらない方がよい。

 まあ、こういうことが、できるかどうかですね。しかし、必要だったら、やるんでしょうねぇ。そこはお役員さま方にも、分かるんじゃ、ないですか、ねぇ。ほほほほほほ。

(この記載は近未来を舞台にしたフィクションです。)

|

« 某人材育成事業はなぜ失敗するのか | Main | 4学期制 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 統合の条件:

« 某人材育成事業はなぜ失敗するのか | Main | 4学期制 »