« 亀次郎教授会講話 | Main | 文科省との「対話」 »

国立大学授業料93万円

「国立大学の授業料が93万円になるんだって」と誰かが言う。朝日新聞に載っているという。見ると、そのような見出しの新聞記事があるではないか。記事の文章をざっと眺めたが、「このド阿呆」と心の中で叫ばずにはいられなかった。
 元の話は明らかなネタである。財務省の資料通りに運営費交付金を下げてその分を授業料に転化した場合、16年後には国立大学の授業料は93万円になる、という内容である。たぶん文科省が試算し、朝日新聞に流したんだろう。そう流せば、ええーっ、財務省ってひどいね、と人が思うとでも考えたのだろう。
 ドジな奴が、情報だけ流して、どんな記事になるかまではチェックしなかったんだろう、と想像した。まったくドジである。これでは「財務省はけしからん」などというメッセージにはならない。「財務省の主張に従うなら」とか、「16年後」といった点は人から人に伝わる間に消えてゆく。単に、国立大学の授業料は93万円になる、という情報だけが伝わってゆくだろう。だから、国立大学志望の中学生などは、国立志望は止めて私立受験に切り替えよう、という考えになるだろう。
 所詮は三流官庁、やることといったらこんなことか、と天を仰ぎ見る思いであった。自爆である。

 それはそれとして、この93万円をどう見るか?
 現状の国立大学授業料から見れば確かに高い。しかし、国立大学は、実は理系が多いのである。私大の理系の授業との比較でいえば、私大の場合は授業料以外でもお金を払うのであるから、実は高いとは言えない。「そんなもんじゃねぇの?」という感想を持つ人もいるだろう。
 私はといえば、そうか、93万円にすれば交付金を下げられても大丈夫なのか、と考えた。むろん、文系で93万円は高過ぎる。しかし教員を減らして学生比率を上げれば、やれない数字ではないように思える。
 私は、国立大学の授業料は上がって構わないと思っている。が、大学への機関配分を落とした予算額を、奨学金に回すことが前提である。東大のように、金持ちが多い大学の授業料を安くする必要など、ない。が、お金のない学生個人には、ちゃんと奨学金が回るような仕組みができてほしい。
 それより、国立大学は、18歳人口の減少に合わせて、全体の規模を落とすべきなのだ。小中学校がそうしているように、統合して数を減らすべきなのだ。そうすれば、そもそも授業料をそれほど上げずとも、国の支出額は減る。例えば教員養成学部でゼロ免廃止をしたときに、定員を別の部局に転用するのではなく、その分を確実に削減すべきだった。それもせずに離すべきものを握ったままにした。それでは立場は悪くなって仕方ないように思う。

|

« 亀次郎教授会講話 | Main | 文科省との「対話」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48252/62796493

Listed below are links to weblogs that reference 国立大学授業料93万円:

« 亀次郎教授会講話 | Main | 文科省との「対話」 »