« 続・地味な展開のときの悪い予感 | Main | 続々・ウチの教養学部はどこが弱いのか? »

All in One Campus は大学の特色ではない

 昨年の今頃であったと思う.大学会館のロビーで埼玉大学のポスターを見かけた.一見して写真が奇麗だと思い,しばらく眺めていた.文字としては「All in One Campus」と書いてあったが,私はその点には気を留めなかった.私と同時に退職する予定の,傍にいた同僚は「All in One Campus って,要するに特色がないということだよね」という.そりゃそうだねと私は答えたように思う.
 最近,「All in One Campus」の標語を見ると,All in One Campusの後にも文字が続いている.「All in One Campus at 首都圏埼玉 多様性と融合の具現化」である.後ろの文字列は最近入ったのか,最初からあったのかは記憶が曖昧である.
 その標語,悪くはない.別に変える必要はない.他に書くことも見当たらない.

 しかしながらこの標語は,埼玉大学にそれほど縁のない方がいきなり見ると,何のことか分からないだろう.私は長く埼玉大学にいたからよく分かる.
 まず「All in One Campus」であるが,大学として備えるべきものがこの一か所にある,揃っている,という意味ではない.埼玉大学にある部局が全部このキャンパス内にある,という意味である.大学にある研究分野や部局でないものの数は多い.文科省の現実の分類では,埼玉大学は「複合型,医なし」であって「総合大学」ではない.病院やスタジアムや放送局がある訳でもない.つまり「この大学にあるものはこの一か所にありますよ」という意味である.
 皮肉に言えば,埼玉大学がこの1キャンパスに収まっているのは,医学部や農学部がないからである.1キャンパスに収まらなくても,医学部か農学部はあった方がよいだろう.また,これまでの歴史で他所にキャンパスを取得するほどの甲斐性というか,発展性がなかったともいえる.
 All in One Campusは,それ自体で評価すべき特色という訳ではない.All in One Campusであるが故に,例えば全部局が出動する教養教育が盛んであるということがあれば(実際はそうではないが),その教養教育を特色というべきだろう.

 All in One Campusの後には「at 首都圏埼玉」という文字列が続く.長くいた私は「なるほど,そうだろうな」と思う.埼玉大学の特色を列挙することを求められたとき,多くの埼玉大学関係者は,第1に東京に近いこと,第2に全部局が1キャンパスにあることをあげるだろう.3番目を言える方は少ない.
 地方に基盤を置くことを求められる地方国立大学の埼玉大学としては,こうした標語に「埼玉」を入れる他,生きる道はない.しかし多くの方々は「ウチは東京の近くだ,北関東3県(群馬,栃木,茨城)とは違う.首都圏南部(神奈川)と一緒だ」という思いがある.なら「東京に近いぜ 埼玉大学」の方が分かりやすい.私はこの,「東京に近いぞ,万歳」という考え方は好きではない.東京が良いなら,東京に多くの大学があるからである.なぜ埼玉なのかが分からない.

 さて,その後の「多様性と融合の具現化」である.この抽象的な文字列は特に,埼玉大学の素人にはまず分からないだろう.実はこの文字列に様々な思いが凝集されている.
 「多様性と融合の具現化」は,具体的には次の2つの様態を指しているように私は思う.第1に,埼玉大学には多様な研究分野があり,それらが共鳴しつつ融合している,あるいは,融合して新しい何かを産むことを目指している,ということを指すだろう.つまり第1に,「共鳴しあう多様な研究分野」とまずいいたい訳であろう.
 第2に,多様な文化的背景のある(簡単にいえば多様な国籍の)研究者,学生がここに集い,ともに学問をする場である(あろうとしている),ということを指すだろう.つまり「グローバルな教育研究環境」と言いたいはずである.
 「多様性と融合の具現化」という概念が内包するであろう2つの様態を述べてみた.他にもいろいろあるのかも知れない.いずれにせよ,「多様性と融合の具現化」という難解な文字列は,見るものに謎を投げかけながら広報空間を漂うのである.

|

« 続・地味な展開のときの悪い予感 | Main | 続々・ウチの教養学部はどこが弱いのか? »

Comments

なぜはっきりしないか、そのうち、私見を書いてみるつもりです。

Posted by: ブログ主 | April 20, 2017 at 01:27 PM

はっきりさせる知性がない
ということになります。

Posted by: 埼玉大学として目指す概念がはっきりすれば, | April 19, 2017 at 11:13 PM

私が覚えているのはシリーズ2までですね.へぇ.いろいろ作ったんですね.私は所詮素人なのですが….第1に,ブランディングの基本から考えると画像に一貫性がないのが変ですね.ちゃんとした業者が入っているのかどうか?ですね.第2に,特にシリーズ5なんですが,言わんとすることは大学一般の望ましいイメージではあっても,埼玉大学として出すべきイメージではないですね.根本の問題は,埼玉大学としての目指すべき概念が整理されていないことでしょう.埼玉大学として目指す概念がはっきりすれば,その概念を表現する(ある程度固定した)イメージを,一定期間,一貫して出すべきなんだと思います.

Posted by: ブログ主 | April 18, 2017 at 11:51 PM

ご覧になられたのは、シリーズ1,2,3でしょうか。このシリーズさえよくわからないのに、次の4,5は「大丈夫か?」の世界に逝ってしまいました。いったい何を広報したいのでしょうか。
http://www.saitama-u.ac.jp/entrance/guide/poster/

Posted by: 説明が必用なポスター | April 18, 2017 at 11:13 PM

全く同感です。

Posted by: | April 18, 2017 at 01:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48252/65164033

Listed below are links to weblogs that reference All in One Campus は大学の特色ではない:

« 続・地味な展開のときの悪い予感 | Main | 続々・ウチの教養学部はどこが弱いのか? »