« 盲腸としての日本学術会議 | Main | 米大統領選 »

埼玉大学は左翼の巣窟か?

安全保障関連法に反対する学者の会

 表題は刺激的だが,注意を引くためである.学術会議関連でネットで検索していると,「安全保障関連法に反対する学者の会」というサイトに出くわした.そういえば,少し前に安全保障関連法がどうしたと騒いでいた時があったなぁ,と懐かしく思った.私が在職中のことと思う.集団自衛権がなんたらといっていたときだろう.私は同僚に,「個別自衛権でも集団自衛権でも,選択肢が多い方が安全は確保できるではないか」と話したのを記憶している.同法案に反対するという発想は私には理解できなかった.
 このページの中にこの会(の声明)への賛同者リストが載っていた.どれどれと見てみた.面白半分に埼玉大学関係者がどれほどいるか検索してみた.結構多かった.出て来る名前はほとんど私が認識している方であり,多くは納得できた.賛同してもよさそうなのに名前が載っていない方も多いなぁ,という気がした.
 ついでに埼大周辺の国立大学で賛同者がどれほどいるかを検索してみた.すると,周辺では埼玉大学より左翼率が高い大学がない.ということは,埼玉大学って,実は左翼の巣窟なのだろうか,と思えてきた.

「左翼率」を計算すると

 今年の2月頃に国立大学の教員数,職員数を分析した.そのときに使ったデータがファイルで残っている.データの出所は国大協が配ったパンフレットに記載された数字(教員数,職員数)である.そこで,よせばよいのに,国立大学ごとに,「安全保障関連法に反対する学者の会」への賛同者数を数え,
  左翼率 = 賛同者数/教員数×100
を計算してみた.私大もやると面白いが,教員数を調べるのが面倒なのでやめた.
 実は賛同者には名誉教授など,元職も含まれている.が,区別するのは手間なので,機械的に上記の式で左翼率を求めた.だから左翼率とは,現職教員数に占める賛同者の比率そのものではない.

 左翼率を従属変数とし,独立変数に4つのダミー変数を入れて重回帰分析を,私としてはほとんど脊髄反射的に実施してみた.4つのダミー変数とは,医学部の有る無し,技術系大学か否か(例えば何とか工業大学),教育系大学か否か,旧帝大か否か,である.左翼率に有意な説明力を持ったのは「医学部の有る無し」と「技術系大学か否か」だけだった.まず医学部のある大学は左翼率が低い.医学部や大学病院の先生が左翼にならないからだろう.また,技術系の大学は左翼率が低い.教育系大学が左翼率に有意に影響しないのは意外だった.常識的には左翼は教育学部に多い.大学名を見ると教育系の大学は左翼率上位が多いのであるが.

どこが左翼の巣窟か?

 面白半分で恐縮だが,左翼率が高い上位10国立大学を書き出すと表1のごとくである.埼玉大学は堂々,この左翼10傑の10位に滑り込んだ.

20110310_20201103233501

 1位が一橋なのは納得である.一橋は,華やかな部分もあるが,反対に僻み根性で固まっている部分も多いので,大学全体としては左翼率が高くて不思議はない.2位の東京外語大については,私にはイメージがないけれど,ド文系中心だからこの数字は納得だろう.地方国立大学で埼大より左翼率が高いのは福島,和歌山,滋賀大学であるが,この辺は失礼ながら地域的にこうなるだろう.そして理系比率が低く教育学部の比率は高い.
 埼玉大学は,総じて文系比率が高いので上位になって不思議はない.まず教育学部が大きい.また,経済学部は概して,少し前までマル経だった所が看板を掛け変えたような部分があるから,仕方ないのである.思えば埼大経済学部にはチュチェ思想の大家がおられた.実は教養学部も相当だった.

 逆に左翼率の低い右翼10傑をあげると次の表2である.体育大学,医科大学,技術系大学が並ぶ.いずれもヒマな文系とは文化が異なる.

20110310_20201105211101

注:上記の表2の「教員数」に間違って「職員数」を入れていました.修正しました.「左翼率」は同じです.

 

|

« 盲腸としての日本学術会議 | Main | 米大統領選 »

Comments

承認しないとコメントが公開されないことを忘れていました.今,公開にしました.コメントありがとうございます.ツイッターに出してくださって結構ですよ.私の場合,なぜか,ネガティヴなコメントを受けることが少ないです.無視されるのでしょうw

Posted by: eiji | November 10, 2020 09:57 PM

実に興味深い記事でした。
ツイッターに紹介するツイートを書こうとしましたが、ご迷惑になってもいけないと思い、差し控えました。これからも楽しみに拝読いたします。

Posted by: 宮園輝三郎 | November 10, 2020 11:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 盲腸としての日本学術会議 | Main | 米大統領選 »