« 学生数の理系比率は上げられるか? | Main | 数理・データサイエンス・AI »

東工大と医科歯科大の統合協議,と聞いて思うアレとコレ

 たぶん昨日(2022/8/8)辺りからと思うが,東工大と東京医科歯科大が統合協議を始めることに合意したというニュースが流れた.国際卓越研究大学への指名を目指すためという憶測も書いてあった.
 このニュースを眺めてあれこれと,自動思考で私の脳裏に巡った点を書いてみよう.むろん私にいえるのは,誰でも思いつく程度のことである.両大学について私に特段の情報はない.

1.統合の成否は分からない

 東工大のサイトには学長が教職員向けに行った説明の文章が載っている(https://www.titech.ac.jp/news/2022/064662).ご覧のようにごく一般的な理念をいっている.締めの言葉は次のごとくである:≪最終決定は今後の両法人における協議に委ねられており、現時点では何も決定したことはありません。今後、本法人内でもより多くの構成員の意見を聞きながら集中的に協議を進めて参ります。≫ だから現時点では,埼玉大学と群馬大学が統合協議を始めるというニュースが出た時点と同じようなものである.これまで国立大学同士の統合がなった事例は,大学側が文科省に弱みを握られている場合か(?大学),強者が弱者を吸収し弱者もうれしい場合か(阪大が外大を吸収),行政が強く介入した場合か(大阪公立大学),アンブレラ方式で元の大学が維持される場合だけだった.静岡大学にいたっては,いったん静岡県立大学と統合するようなことをアナウンスしながら土壇場で統合を破棄し,浜松医科大学と統合するするといいながら,どうなるかはいまだにはっきりしない.今回の東工大と医科歯科大の場合はまだ何も決まっていない.単なるアンブレラなら簡単だが,それではあまり評価されないだろう.

2.国際卓越研究大学の制度運用開始にはたぶん間に合わない

 ニュースでは国際卓越研究大学への採択を狙っているという憶測が書いてある.確かに国際卓越研究大学への採択は背景にあるだろうが,卓越の制度運用開始時にこの統合が間に合うという訳ではないと思う.
 国際卓越研究大学のスケジュールは既に公表されている.対象大学の選定は次年度2023年度であり,その対象大学を卓越研究大学として制度運用を開始するのは2024年度である.だから制度運用開始時に統合は実現していないだろう.卓越研究大学が逐次的に追加されるとして,当該大学が卓越研究大学になるとしても,後のことだろう.
 両大学が統合の決定をすぐにするとは思えない.両大学が決定しても法改正が必要になる.すぐにはできないだろう.
 また,今の両大学の部局をそのままにして統合するとも思えない.評価される統合計画を持ってはじめて統合に意味が生じる.常識的には統合と同時に新部局(何らかの研究院)を作るとして,新部局には設置申請が必要になる.もし新部局を2024年までに発足させようと思えば,今まさに設置の申請書を書き始めなければならないだろう.2023年度に設置申請をして,2024年度から新部局発足である.まず無理と思う.
 また,新部局を作ったとしての,その成果を出すためには一定の時間がかかる.
 そう考えると,今回の統合協議は,少なくとも中期的な視点で行われるはずである.卓越研究大学の制度の運用が始まった後,追加で卓越研究大学に採択されることを狙うのだと思う.

3.ある意味「弱者連合」である

 メディアのニュースの一部にはこの東工大と医科歯科大の統合を「勝ち組連合」と形容することがあった.確かに一般の大学にとって,両大学とも勝ち組である.しかし両大学は,一般の大学は眼中にない.統合するのはあくまで,指定国立大学群内部での競争を想定したためだろう.その指定国立大学群の中では両大学とも弱者である.統合は強者,つまり東大,京大,東北大,阪大あたりに近づくための戦略と考えるべきだろう.
 指定国立大学は,一橋を除いて,当初の目標をクリアしている.したがって東工大も医科歯科大もしかるべき成果は示しているはずである.しかし,私は東工大は指定国立大学の中でもっと目立つ成果を出すと思っていたが,実際はそれほど目立たず,やはり旧帝大の上位には勝てていない.
 研究が盛んであることを一番示すのは,若手,助教クラスとか博士後期院生の中で優秀な人をどれほど揃えているか,だろうと思う.その若手を対象とした支援プログラムに,創発的研究支援事業や次世代研究者挑戦的研究プログラム,大学フェローシップ創出事業があり,このブログでも取り上げてきた.その支援事業の中で支援を獲得した数が多いのは,やはり旧帝の上位大学である.これらのプログラムで東工大は採択を取りやすいのではないかと思ったのだが,大学の規模を勘案しても,やはりそれほど目立たない.医科歯科大学に至っては採択数が一般大学並みである.だからまだ,ちょっと力が弱いのかな,という気がしていた.
 ちなみに,であるが,私は大学の規模を教員数で見るのがよいと思う.教員数で見ると,東工大は1050名(教員表には1105名と出ていたが,高校の教諭などは除いた),医科歯科大で847名である.この数は,埼大の教員数411名よりはずっと多いけれど,東大は3937名,東北大3203名,阪大3293名なのである.だから東工大と医科歯科が一緒になって,筑波大学くらいになると考えてよいだろう.単に一緒になっただけではまだ強者にはなれない.統合してどのような組織を作るかが重要になる.
 研究者ないし研究グループはある程度独立に,並列的に研究を行う.だから,その中から新機軸が生まれる可能性は,ある程度の規模があることで高まるのだろうと思う.

4.1つの注目点はリベラルアーツをどうするか

 先の東工大の学長説明の中に「さらにそこに両大学が重視するリベラルアーツの発想も活かすことで、社会の課題解決に直接貢献する新たな学術分野を生み出せるとの確信を持つに至りました。」という表現があったのが私の記憶に残った.東工大にはリベラルアーツ研究教育院という組織があり,教員表では51名の教員がいるらしい.もともとは教養部的な組織だったと思うが,今は部局化している.他方,医科歯科大は,国立大の中で教養部という組織を残した唯一の大学である(普通の医科大は医学部の中に教養の教員を含める).その教養部の教員数は30名弱である.
 もし統合を進めるなら,おそらくリベラルアーツ研究教育院と教養部を合体させ,より大きなリベラルアーツ部局を作って特別な役割を担わせるだろう,と私は予想する.どのような部局を構想し,何をさせるかは重要な工夫の対象であり,注目すべきだろう.

5.地方銀行,いや埼玉大学はどうすんの?

 政府の大学政策を見ていると銀行への行政指導と似ているなと思ったことがある.メガ銀行と地方銀行,その下の信用組合を分け,それぞれに役割を与える.実際,銀行はそのランクに応じて行動も違っている.都市銀行は自発的に統合による強化に走り,結果3つほどのメガ銀行が出来た.しかし,従来のビジネスモデルが成り立たないのが分かっているのに地方銀行は動きが鈍い.持ち株会社のような組織を作って銀行のアンブレラを作るのが精一杯なのだろう.同じように,上位大学は東工大と医科歯科大のように統合などの手を打ってくるようになるのかも知れない.他方,地方銀行のような地方国立大学は,18歳人口の低下とともに存立基盤が危うくなる可能性があるのは分かっていて,何もしない.いや実際,特に都市部に近い埼玉大学などは,巨大化した都内の私大に食われて行くにもかかわらず,特に動きもしないのではないのか?という気がしてくる.
 地方銀行はこれからバタバタ倒れて行くかも知れないのであるが,地方国立大学も同じなのだろうか,などと考えてしまう.
 埼玉大学も動くべきだろう.

|

« 学生数の理系比率は上げられるか? | Main | 数理・データサイエンス・AI »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学生数の理系比率は上げられるか? | Main | 数理・データサイエンス・AI »